大和A画座・桜井薬局セントラルホール共同企画

大和優雅A画祭 10月23日(日曜)開催決定!

山の声を聞き、海を眺め、宮城(ふるさと)の空を仰ぎ見る 映画監督大和優雅の凱旋イベント!

◼︎上映スケジュール / 料 金

 

11:30 星の部 開演(開場11:00) 前売り/2,000円 当日/2,500円

14:00 桃の部 開演(開場13:30)前売り/1,000円 当日/1,500円

16:30 星の部 開演(開場16:00)前売り/2,000円 当日/2,500円 

特典付通し券:前売/3,000円 当日/3,500円
    

チケット予約(当日会場受取)は①お名前②種類(通し券・星の部・桃の部)③枚数 をご記入の上 yoyaku@yamatoyuya.comまで。     

問い合わせ:桜井薬局セントラルホール 仙台市青葉区中央2−5−10桜井薬局ビル3F tel022-263-7868 大和A劇隊:info@yamatoyuya.com


星の部

詳細はクリックしてください
Project 01

星の部〜あの日、あの時を乗り越えて〜

①短編映画 star〜スター〜 上映

・上映後、舞台挨拶あり

  • ②演劇作品「たんざないと〜turn the night〜」 猪俣望×小川楓加
  • ③演劇作品「ホワイトタイガース」千葉響(閃雷)×堀内みのり

桃の部

詳細はクリックしてください
Project 01

桃の部〜涌谷町より愛を込めて〜

①映 画「つるしびな」上映

・生コメンタリー付き上映 大和優雅(監督)、千葉秀(音楽監督)

他、当日にゲストを予定しています。

  • ②涌谷町PRイベント 民謡ガール堀内みのりライブ
  • ③つるしびなDVD特別販売サイン会

映画「つるしびな」DVD発売決定!

2016年3月3日(木)リリース! 価格3,333円(税抜)
Project 01

映画「つるしびな」DVD発売決定!

<映画「つるしびな」DVD発売決定!> 2016年3月3日(木)リリース! 価格3,333円(税抜)

短編映画『star~スター~』

天に導かれし星の夜、 一際輝く[star]を見つけた…
Project 02

短編映画『star~スター~』

被災地出身の売れない俳優トシ。かつては「30歳までにビッグスターになる!」と豪語していたものの、鳴かず飛ばずのまま、ついにその30歳に。 今では後輩俳優のサインの代筆や裏方スタッフ、果ては路上で「インチキいたこ」して糊口をしのぐ日々。トシは今後の人生に絶望しかけていた。
そんなある日、いつものように路上でいたこをしていたトシは地回りのチンピラに見つかり、手ひどく暴行される。そこに現れトシを救ったのは、震災以来会っていない妹、亜子だった。
震災被害を背景に家族愛を描くハートフルファンタジー。
(短編作品34分)

  • 監督: 大和優雅
  • 出演: 大平隆行 緒方有里沙 ほか
  • Year: 2015

大和優雅第一回監督作品 つるしびな

父と娘・・・失われた時間を繋いでいたのは「つるしびな」
Project 03

大和優雅第一回監督作品 つるしびな

宮城県の東北部に位置する小さな町、涌谷町。 小ネギ農家を営む初老の農夫・勇雄は、自らの死期が迫っていることを感じていた。 16年前に最愛の妻・志津を亡くして以来、男手ひとつで育てた愛娘・桃子は、5年前に家を飛び出したきり、絶縁状態のままだ。
一方桃子は、仙台の町で幼い娘と二人、肩を寄せ合い暮らしていた。看護師として働きながらの育児の日々に、桃子は疲れ始めている。 シングルマザーの道を選んだ自分を許すことなく、勘当を言い渡した父に意地を張り通した5年間だった。
そんな父と娘にとって、3月3日は志津の命日であり、桃子の誕生日でもある、特別な日だ。 父は独り、妻の形見である「つるしびな」を自宅に飾り、娘もまた母の手作りの「桃のつるしびな」を手に取り、幸せだった頃の家族に思いを募らせる。 再び娘を抱きしめることなく、父はこのまま病に倒れてしまうのか―。
そして志津の17回忌の日。 桃子と勇雄の前に、ある奇跡が訪れる―。

  • 監督: 大和優雅
  • 出演: 青木勇二 稲村優奈 村井美樹 ほか
  • Year: 2010
  • 特設サイト: tsurushibina.jp

演 劇

舞台2人芝居 震災三部作
Project 04

演 劇

震災を背景にした過激な作品が話題を呼んだ。特に、二人芝居として上演された『スイヘーリーベ僕の船』『ホワイトタイガース』『楽園のヒロインと絆の王子様』は【大和優雅震災三部作】と呼ばれ、 2014年3月には新中野ワニズホールにおいて、小劇場としては極めて異例の1ヶ月公演を行った。

  • 作・演出: 大和優雅
  • 場所: 新中野ワニズホール
  • Year: 2011

民謡ガール

Project 05

民謡ガール

大和A劇隊民謡ガール育成プロジェクト。
この物語は映画監督・大和優雅が
一、俳優育成
一、宮城県涌谷町の活性化
一、日本民謡の継承と発展
を目指して期待の若手女優「堀内みのり」に民謡を叩き込み、秋の山唄全国大会に出場させ、あわよくば入賞、さらには優勝を目指すという荒唐無稽にして前代未聞、不撓不屈にして五里霧中なプロジェクトである。

  • 監督: 大和優雅
  • 出演: 堀内みのり
  • 指導: 植木繁島

ギャラリー

大和A劇隊 特設ギャラリー
Project 06

大和A劇隊特設ギャラリー

大和A劇隊主宰大和優雅、及び劇隊員のギャラリーです。(無断転載禁止)

芸術家 大和優雅

大和優雅(やまとゆうや)本名同じ
映画監督、演出家、脚本家、自称・競馬評論家。大和A画座、大和A劇隊の主宰。1975年3月6日、宮城県涌谷町生まれ。石巻高等学校、二松学舎大学文学部卒。宮城県涌谷町黄金大使。

略歴

 宮城県涌谷町箟岳山山頂にある箟峯寺宿坊のひとつである大和家の長男として生まれる。
 小中学生の頃は片道約1時間、雑木林の中を歩いて通学した。小学生の頃から数多くの作文コンクールにて入選、地元では作文少年として知られるようになる。
 高校時代、自らの将来を『落語家になるか、映画監督になるかのどちらか』と決意し、僧侶にはならないことを家族に宣言。
 大学進学後、同じ涌谷町出身の映画監督、若松孝二氏の事務所に出入りするようになり、やがてシナリオ作家協会主催のシナリオ講座に通い始める。その後、シナリオ講座での担当講師であった脚本家・掛札昌裕、桂千穂、両氏の門下となる。
 シナリオ修行時代から、名前をペンネームだと勘違いされることが多く、業界関係者から『デビュー前から派手なペンネームを使うな』と叱られたことが何度もあった。
 大学卒業後は、掛札氏の勧めでテレビドラマの助監督に。しかし、あくまで映画にこだわりたいという理由から約5年で助監督をやめ、アルバイトやフリーライターとして生活費を稼ぎながら、映画製作の準備を進め、2010年完成の自主制作映画『つるしびな』で監督デビュー。同作は当初2011年5月から宮城県内の映画館で一般公開される予定だったが、東日本大震災の影響で一旦上映が白紙に。都内でのチャリティー上映会などを経て、同年11月、一般公開された。 また、同年から演劇作品の作・演出も行うようになり、震災を背景にした過激な作品が話題を呼んだ。特に、二人芝居として上演された『スイヘーリーベ僕の船』『ホワイトタイガース』『楽園のヒロインと絆の王子様』は【大和優雅震災三部作】と呼ばれ、
2014年3月には新中野ワニズホールにおいて、小劇場としては極めて異例の1ヶ月公演を行った。

主な作品

  • 映画
    2010年『つるしびな』(監督、脚本)

  • 短編映画
    2015年『star〜スター〜』(監督、脚本、プロデュース)

  • 演劇
    『最後のラーメン』
    『スイヘーリーベ僕の船』
    『彼女のパパ』
    『ホワイトタイガース』
    『ロケット』
    『つるしびな2』
    『楽園のヒロインと絆の王子様』
    『彼氏のママ』
    『私の中のアクトレス』
    『輝け!東北のスター』
    『大和監督殺人事件』
    『最後のラーメン殺人事件』

  • 演劇(演出)
    『壜の中のラブソング』
    『さよならは永遠の元カレ』
    『東の空に輝く星ひとつ』
    『缶詰め缶切り』
    『落窪物語』